出産内祝いのマナー|賢く出産祝いをしたいなら選ぶ品がとても重要

賢く出産祝いをしたいなら選ぶ品がとても重要

出産内祝いのマナー

内祝い

知っておきたいマナー

出産祝いを頂いたら、お返しとして内祝いを贈ります。贈るタイミングは、出産後1ヶ月以内、大体お宮参りの頃に贈るのがマナーとされています。遅くなったとしても、出産祝いを頂いてから2ヶ月以内にお返しするようにしましょう。出産を知らせたのが遅かったなどの理由で後に出産祝いを頂いた場合は、その都度お返しします。金額的には、出産祝いとして頂いたものの半額程度がマナーとされています。5000円なら2〜3000円程度、1万円なら3〜5000円程度となります。値段が分からないものは、インターネットで検索してみましょう。それでも分からない場合は、こちらの気持ちでお返ししていくと良いでしょう。年長の方から頂いた場合や頂いたものが高額の場合は、1/3程度でも大丈夫です。

おすすめの贈り物

内祝いに贈る品物としておすすめなのは、食べ物や飲み物など、消えて無くなるようなものです。ドイツで誕生日などのおめでたいお菓子として使われるバウムクーヘンは、年輪を表しているので、出産の内祝としても相応しいお菓子です。赤ちゃんの名前入りの物は、形として残るものは使い道に困るという人が多いですが、食べ物なら、抵抗を示す人もそれほどいません。名前入りのカステラなどもおすすめです。職場などで、連名で出産祝いを下さることもあります。頂いた金額にもよりますが、皆さんで分けて下さいという気持ちを込めて、分けやすいお菓子や紅茶などを差し上げるのも良い方法です。実用的なものとしては、ちょっと高級なタオルなども、自分ではなかなか買わないものなのでおすすめです。